沖縄ダイビングで青の洞窟を訪れる時期の問題

沖縄ダイビングといえば、やはり青の洞窟は1度は行っておきたい場所になるのではないでしょうか?ここは多くの場合、夏などのダイビングの絶好のシーズンに訪れる人が多いです。

しかし、実は冬に訪れるというのも1つポイントで、それによって青の洞窟の魅力が増すことがあるのです。それは冬になると青の洞窟を訪れる人数が夏と比べて相対的に少ないので、そこがメリットになります。青の洞窟は沖縄ダイビングをする人にとって、あまりにメジャーな場所になりますから、当然混みます。そして、夏はダイバーが多く訪れるので、より混みます。

一方、冬はダイビングのシーズンという意味では外れており、沖縄の場合には冬でもダイビングは可能ですけど、相対的にそこまで人はいません。混雑している状況よりは、ある程度空いている方がより楽しみやすい環境にあると思うので、人が多くて賑やかな方が好きな人は夏などのシーズンに、人が少なくてゆったりと、のんびりと青の洞窟を探検したいという方は、冬などのシーズンに行くと良いと思います。できれば両方行ってもらうと良いかもしれません。

青の洞窟も夏と冬では人の多さ以外でも違いがありますから。海の様子、海の中の環境がそれぞれの季節によって異なっていますから、青の洞窟のそれぞれ違う姿を堪能してみるのも1つの楽しみになると思います。